香川の里菩提山ぼだいやま(312m)


2009年3月16日(月) 晴れ


登山口(09:25)〜山頂(10:20〜30)〜登山口(11:05)


歩行時間 約1時間40分(休憩を含む)

菩提山は三豊市(山本町)と観音寺市にまたがる山である。

近年は山道も確認できないほどの道であったが最近になって地域の
人たちが登山道を整備したようだ。

40年前まではまつたけが毎日50kgも採れていたらしい。
夢のような話だ。
ひょっとすると今でも数本は生えるかも知れないよ。
秋にこっそり行ってみよう。(笑)

「第六十七番札所大興寺」の前を通って行くと菩提山の登山口だ。


登山口


山道へ

ここまで何メートルと登山口から歩いた距離が標識に書いてある。
全体の距離が分からないので後何メートルの方が分かりやすいな。


クサイチゴ


山頂が見える


アセビ


よく整備された登山道

綺麗にシダなどが刈られてりっぱな登山道が出来ている。
標識もところどころに付いていて安心して歩ける。
カナメモチの木が多い山だ。


第一展望所

第一展望所と書かれている。
雑木を切り倒しているので展望がいい。
観音寺市や七宝山が見えるが少し黄砂で霞んでいる。


ヒメヤシャブシ


ヒメヤシャブシ(雄花と雌花)

コシダの茂る登山道を歩く。
低山の割には結構時間がかかる。尾根歩きがあったりして距離がある。


菩提山山頂


山頂から我拝師山方面が見える

山頂まで1400m
山頂には丸い石が祀られている。これを「山の神」のご神体としているようだ。
すぐそばに三角点があり、少し北へ行くと三豊市、観音寺市が一望できる
山頂展望所がある。

しばらく展望を楽しみ往路を下山する。
下山後は七宝山山麓青ノ山を歩き、最後にケスハマソウの写真を撮りに
行くので今日は忙しい。


アマナ


アマナ


ケスハマソウ


ケスハマソウ


ケスハマソウ


ケスハマソウ


ナガバノタチツボスミレ