中津明神山なかつみょうじんやま
(高知県 1541m)


2009年7月4日(土) 曇り時々晴れ


自宅(05:40)⇒伊野IC⇒国道33号線⇒県道363号線⇒アガワ・スカイパーク

(08:30〜45)→中津明神山山頂(12:25〜43)→アガワ・スカイパーク

⇒(14:10)中津渓谷・湯の森温泉⇒自宅(18:30)

歩行時間  約5時間25分(花散策と休憩を含む)


ワタナベソウ(渡辺草) ユキノシタ科


相棒の四国百名山も残りはあと一座、それは天気の良い日に登るとして・・・。

ここしばらくは百名山を目的に山歩きをしていたので、花探索で山を歩いて
いません。

久しぶりに花探索のスリルを味わってみたい・・・。
そんな気持ちに2人はなっていました。

花探索のスリルって・・・見つけたときのドキ感、やったぁ〜と言う気持ち、
感激・・そんな高ぶった気持ちですね。
花好きでないと分からないかも・・・。

さて何処に行こうか・・・まだ出会っていない花を探しながら歩きたい。
相棒がガイドブックを数冊めくってここへ行きましょうと言う。

丁度今頃・・ワタナベソウが咲いているかも知れないよ。
中津明神山・・少し遠いが・・良いねえ・・行こう・・・。
花の話になると意見の一致は早い・・(笑)

しかし花探索はどのコースを歩くかが大事・・・。
この山は車で山頂まで行くことができます。
車で上がると私達には花を見つけることが出来ないので
下から歩きます。
できるだけ広範囲を歩きたいので上りと下りは一部分別ルートにしました。

アガワ・スカイパークの道脇に駐車。
そこから人口林の中や車道を歩きます。登りは車道中心・・・。
普段の山歩きで車道を歩くのはイヤですが花探索の車道歩きは
気になりません。

山頂が見え出してきました。


山頂

山頂

一等三角点の中津明神山の山頂には鳥居と立派な祠そしてレーダードーム
があり、展望も最高のようですが今日はガスで余り遠くまでは望めません。


山頂下からの愛媛方面

ここから空池まで往復3時間ぐらいかかるようです。
前日に雨が降ったので空池の水中花を見たかったが時間がありません。
次回は様子が分かったのでドライブがてらも良いかな・・・。

今日の花


ワタナベソウ(渡辺草) ユキノシタ科


ワタナベソウ


ワタナベソウ

ワタナベソウ(ユキノシタ科)は薄暗い林内に生える高さ40〜60センチの
多年草です。高知、愛媛、徳島県の一部と九州に分布するようです。
最初に車道脇で見つけたときはやった〜と思ったのですがその後沢山の
株を見ることが出来ました。
でも花期は終わりに近かったです。


ツクシガシワ ガガイモ科


ツクシガシワ


ツクシガシワ

最初見た時・・花の付いていないこの大きな葉を何なのかと思いました。
花を見てガガイモ科の植物と思ったのですが名前は分かりませんでした。
ツルガシワもうれしい出会いでした。


オオカモメヅル(大鴎蔓) ガガイモ科


ハルユキノシタ(春雪の下)ユキノシタ科

ユキノシタが咲いていると思い、何気なく見ると葉がまったく違う・・・
え〜これ何・・・葉は緑色で斑紋がない・・・
ハルユキノシタでした。
まだまだ見てない花ばかりです。


ウスベニアカショウマ(薄紅赤升麻) ユキノシタ科

現物は写真よりもっと薄紅がきれいでした。


アカショウマ


アワモリショウマ


ササユリ(笹百合) ユリ科


キツリフネ(黄釣舟) ツリフネソウ科

ヤマアジサイの5色です。この時期一番目を楽しませてくれます。




淡青

ピンク



ヨツバヒヨドリ(四葉鵯) キク科


ギンレイカ(銀鈴花) サクラソウ科


イブキトラノオ(伊吹虎の尾) タデ科


オオヤマフスマ(大山衾) ナデシコ科


シコクフウロ(四国風露) フウロソウ科


ナベワリ(舐め割り) ビャクブ科


ウメモドキ


アキグミ


サワグルミ


マタタビ


ヤマグワ


クマシデ


キハギ

中津明神山は香川から遠いですが結構花の多い山ですね。
また歩いてみたい山の一つになりました。